7/26花火大会レポート

7/26(金)、熱海温泉ホテル旅館協同組合主催、今夏1回目の「夏季熱海海上花火大会」を開催しました。単発やコンピュータ制御によるスターマインなど、
 ・第1ステージ:オープニングカウントダウン
 ・第2ステージ:光と音のシンフォニー
 ・第3ステージ:コンピューター制御デジタルスターマイン
 ・ファイナルステージ:最終最大の一大スペクタクル 大空中ナイアガラ
という4部構成で打ち上げ、約25,000人ものお客様にお楽しみいただきました!
恒例となった、アナウンスとお客様によるカウントダウンコールで開幕。後半は残念ながら雨が降ってきましたが、時速500kmで駆け抜ける花火ショーや、夜空を銀色に染める熱海名物「大空中ナイアガラ」など、趣向を凝らした創作逸品花火の数々が、熱海の夜空を染めました。足元が悪い中お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。
7・8月の花火大会開催日には、親水公園イベント広場にて「熱海で遊ぼ!ゆかたで遊ぼ!」というライブイベントを実施しています。地元商店街が中心となり開催しているこのイベントは、 市内の飲食店による出店が並ぶ会場で、アーティストによるライブを行います。
7/26は、ブルーハーツを歌うアイドル「【P-school】」、タヒチアンダンスグループ「ライマナ」、アカペラボーカルグループ「SOLZICK」の3組にお越しいただきました。暑い中、多くのファンの方もお越しになり、花火までの会場を盛り上げてくださいました♪